SponsoredLink

かんぽの学資保険

かんぽの学資保険が長らく人気を継続しているのは、なぜでしょうか。やはり歴史があるので、他の保険会社より安心できると言うところも、あるかと思います。他には、親が加入していたのを聞いてとか、学資保険といえば「かんぽの学資保険」とか。郵便局で加入できる気楽な感じもあるのでしょうか。なんとなく身近に感じる学資保険が、かんぽの学資保険ですね。

この、かんぽの学資保険の特徴ですが、親になりか合ったときでも、保険を継続できる仕組みになっています。そこが自分でする貯蓄とは大きな差があるところですね。そして、親だけでなく、加入しているお子さんにも保険がついていますので、不慮の事故などで死亡した場合も給付される仕組みになっています。

子供が大学へ行くのが当然のような時代になってきました。そうなると、親のほうはそれなりの資金を用意しなければなりません。そのために子供一人ひとりに加入される方が、もっとも多いとされています。学校へ行くには、想像を超える金額がかかります。月単位や年単位で考えると、どうにかなりそうな気もしますが、トータルで考えたときには驚くような金額です。
その金額の大きさから考えても、学資保険へ加入する意味があるというものですね。学資保険は元本割れするので、なんとなく損をしているように思われがちです。しかし、学資保険に入る意味は、貯蓄だけではありませんね。まとまった金額のお金も、もちろんなのですが、その途中で何か起こったときのために、保険という名前のついた学資保険に加入するわけです。貯蓄も出来て、保険にも加入できると言うことを考えると、かんぽの学資保険が元本割れしたとしても、意味が出てくると思いますよ。

学資保険

学資保険とは、将来的にかかる学費のことを考えて、親御さんが加入する保険ですね。逆に保険付きの貯金なんて考える人も多いと思います。
貯蓄をしながら、お子様になにかあったときには、死亡給付金が支給され、親のほうになにかあったばあいは、保険料が免除になるという特典がついています。ここが、貯蓄するだけの場合とは違う安心感があるところです。

もともとは、郵便局の学資保険が当たり前でしたが、現在はさまざまな保険会社で扱っているので、比較してみるといいと思います。入院などの特典が付いたものから、貯蓄性を重視しているもの、保険性の高いものと種類もあり、微妙に保険内容が違ってきたりします。

中でも貯蓄性で人気なのが、ソニーの学資保険のようです。ここでは、現在は当たり前となっている元本割れがおきないこともあるようです。それで人気なのかな?と思います。他にも大手の保険会社では、取り扱っているところが、ほとんどです。

考えてみると、積極的に保険へ入ることなんて、なかなかありません。くどくどと、保険会社の説明を聞くのも面倒だし、月々の支払いは高いし、その割りに保険の内容などは、イマイチはっきり分からなかったりして。そんな中で学資保険は唯一と言っていいほど、お客様の方から申し込みしたい!と言ってくる保険なのです。そんな話しは本当に少ないですので、ここにメリットを前面に出し、販売競争になるのも分かる気がします。そして、子供が生まれたと言う嬉しい気持ちも手伝って、割と雰囲気よく加入できる保険の1つですよね。
自分に必要な学資保険は、どんなタイプのものなのかを考え、学資保険に加入するといいと思います。自分に合ったものを選ぶと言うところは、他の生命保険と考え方は一緒かもしれませんね。

子供のための学資保険

子供が0歳のころから加入することが多いと言われる、学資保険ですが、子供が小さいうちに加入すると言うことは、親のほうも若い場合が多くみられると言うことです。親になりたての自分たちに、いい学資保険が見つけられるかと心配になりますね。
もともと学資保険といえば、郵便局で加入するものかと思っていました。親の世代はそうだと思うので、それが引き継がれている感じですね。学資保険=郵便局なんて考えている人は、現在でも少なくないかもしれません。そのくらいメジャーで歴史があります。
ですが、よくよく調べてみると、学資保険を扱っている保険会社は多数あります。驚くくらいあります。なので、この機会にアチコチ見てみると、良いかもしれません。保険会社によって、さまざまなサービスや設定を用意しています。

さて学資保険に加入しないと、そんなにいけないのか??と思うところですが、なんと子供が成人するまでにかかる費用は、数百万円〜1千万円なんていわれています。これは驚きではないでしょうか?思ったより、ずっとかかるんですね。そう思うと、月々の支払額にも限度があるため、負担が大きくなります。
それに、何かのとき(進学や独立など)一時金でも、ポンと出せる資金をもっているのは、心強いと言えるのではないでしょうか。私学なんて言われた日には大変なことになりますね。その時に、ある程度のまとまった資金を考えて、比較して加入することが大切になってきます。
もちろん学資保険のために、日々が生活できないのでは意味ありませんが、この先の15年後、20年後を考えると、少しずつの積み重ねが大切になってきます。これが、子供の数が増えるにつれ、かかる費用も増えますので、それなりの取り組みが必要です。

貯蓄性を考えたり、万が一のサポートを厚くしたり、加入者によって重点を置くところが変わるかと思います。保険会社にて、学資保険も多く扱っているので、自分のニーズにあったものを、探していきましょう。