SponsoredLink

学資保険の比較

まだ、子供を持たない方は学資保険というと、子供に対する保険だとの認識くらいでしょうか。もちろん、そのための保険が学資保険なのですが、他にも特徴は多くあります。たいていの親御さんは子供が生まれたと同時に開始する方が多いようです。
他にも3歳くらいからはスタートしようかと思われる方が多いかな、と思います。そうなんです、この保険、学資保険ですので、子供が生まれたと同時に加入できる保険となります。
保険の満期を迎える時期は、学資保険を取り扱う保険会社によって、さまざまなタイプがあります。ずいぶんまえは、18歳や成人を迎える20歳などが目立ったようですが、現在は実にさまざまです。こういうところで、保険会社同士のカラーを発揮しているのかもしれませんね。
たとえば、朝日保険の「えくぼ」などは4歳・6歳・12歳・15歳・18歳と給付時期を決めることが出来ます。こんなにバラエティ豊かなのは、珍しいのではないでしょうか。
親御さんの都合や計画に合わせることが出来るタイプですね。親のほうが若い時期でお金がないとなると、早めの時期の給付もいいと思います。逆にじっくり我慢して学資保険へ入り続け、結果、受け取るのも方法です。

他には簡易保険の「学資保険・育英年金付学資保険」があります。こちらは満期が15歳と18歳です。昔ながらの安心できる保険でしょうか。

こんな風に今は加入する側が、いろいろな種類の中から選べる時代です。満期金額や加入の時期、加入している時間をご自分で考え計画できます。いろいろなニーズにもこたえてくれそうです。ですが、やはり学資保険は子供が大学に入るときのために、と思われている方も昔どおり少なくないようです。
この辺は現実と安心の比較になるでしょうか。学校へ入ると言うことは、思っている以上にお金がかかるそうです。
親となった時に先のことを考えて、少しでも楽になるように、安心できるように加入すべきなのが学資保険なのかもしれませんね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5423196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック