SponsoredLink

子供のための学資保険

子供が0歳のころから加入することが多いと言われる、学資保険ですが、子供が小さいうちに加入すると言うことは、親のほうも若い場合が多くみられると言うことです。親になりたての自分たちに、いい学資保険が見つけられるかと心配になりますね。
もともと学資保険といえば、郵便局で加入するものかと思っていました。親の世代はそうだと思うので、それが引き継がれている感じですね。学資保険=郵便局なんて考えている人は、現在でも少なくないかもしれません。そのくらいメジャーで歴史があります。
ですが、よくよく調べてみると、学資保険を扱っている保険会社は多数あります。驚くくらいあります。なので、この機会にアチコチ見てみると、良いかもしれません。保険会社によって、さまざまなサービスや設定を用意しています。

さて学資保険に加入しないと、そんなにいけないのか??と思うところですが、なんと子供が成人するまでにかかる費用は、数百万円〜1千万円なんていわれています。これは驚きではないでしょうか?思ったより、ずっとかかるんですね。そう思うと、月々の支払額にも限度があるため、負担が大きくなります。
それに、何かのとき(進学や独立など)一時金でも、ポンと出せる資金をもっているのは、心強いと言えるのではないでしょうか。私学なんて言われた日には大変なことになりますね。その時に、ある程度のまとまった資金を考えて、比較して加入することが大切になってきます。
もちろん学資保険のために、日々が生活できないのでは意味ありませんが、この先の15年後、20年後を考えると、少しずつの積み重ねが大切になってきます。これが、子供の数が増えるにつれ、かかる費用も増えますので、それなりの取り組みが必要です。

貯蓄性を考えたり、万が一のサポートを厚くしたり、加入者によって重点を置くところが変わるかと思います。保険会社にて、学資保険も多く扱っているので、自分のニーズにあったものを、探していきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5423210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック