SponsoredLink

かんぽの学資保険

かんぽの学資保険が長らく人気を継続しているのは、なぜでしょうか。やはり歴史があるので、他の保険会社より安心できると言うところも、あるかと思います。他には、親が加入していたのを聞いてとか、学資保険といえば「かんぽの学資保険」とか。郵便局で加入できる気楽な感じもあるのでしょうか。なんとなく身近に感じる学資保険が、かんぽの学資保険ですね。

この、かんぽの学資保険の特徴ですが、親になりか合ったときでも、保険を継続できる仕組みになっています。そこが自分でする貯蓄とは大きな差があるところですね。そして、親だけでなく、加入しているお子さんにも保険がついていますので、不慮の事故などで死亡した場合も給付される仕組みになっています。

子供が大学へ行くのが当然のような時代になってきました。そうなると、親のほうはそれなりの資金を用意しなければなりません。そのために子供一人ひとりに加入される方が、もっとも多いとされています。学校へ行くには、想像を超える金額がかかります。月単位や年単位で考えると、どうにかなりそうな気もしますが、トータルで考えたときには驚くような金額です。
その金額の大きさから考えても、学資保険へ加入する意味があるというものですね。学資保険は元本割れするので、なんとなく損をしているように思われがちです。しかし、学資保険に入る意味は、貯蓄だけではありませんね。まとまった金額のお金も、もちろんなのですが、その途中で何か起こったときのために、保険という名前のついた学資保険に加入するわけです。貯蓄も出来て、保険にも加入できると言うことを考えると、かんぽの学資保険が元本割れしたとしても、意味が出てくると思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5423224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック